障がいのある方の社会活動に重要な、移動介護サービス「精神ガイドヘルパー」の資格が取れる講座です。

学則

学則

1.法人・団体の名称 株式会社プロスパー
2.研修事業の名称 精神障がいガイドヘルパー養成講座
3.研修の種類 大阪府移動支援従業者要請研修実施要綱に定める移動支援従業者養成研修
4.研修課程 精神障がい課程
5.指定番号 150
6.開講の目的 広く精神障がいについての知識を習得するとともに特に外出の移動等における
技術を身につけ、地域の障がいのある方への福祉サービスに貢献できる人材を
育成することを目的とする。
7.講義・演習室 講義:〒533−0006大阪市東淀川区上新庄3−2−3
8.実習施設 実習施設一覧表を参照
9.講師の氏名及び担当科目 講師一覧表を参照
10.使用テキスト 「精神障害者の自立をどう支えるか」(へるす出版)その他講師作成のレジュメ等
11.受験資格 高校生以上であり、精神障がい者の外出介護に従事しているまたは、希望する方
12.広報の方法 ホームページ、チラシ等
13.情報開示の方法 http://manabu.cocorojob.com
14.受講手続き及び本人確認の方法 (1)受講申込用紙を株式会社プロスパーに送付してください。
(2)受講確認通知を発行します。それに添って受講料をお支払いください。
(3)定員を超えた応募のあった場合は、先着順にて締め切ります。
(4)定員の5割に満たない場合は開講しません。受講料は全額返金します。
15.受講料及び支払方法 13,500円(テキスト代、消費税含む)
当社指定の口座に振り込み
16.解約条件及び返金の有無 (1)開校日の前日までは全額返金
(2)開校日前日以降は返金しない
(3)定員に満たず開講しないときは、全額返金する。
17.受講者の個人情報の取り扱い 当講座で知りえた個人情報は適切に管理し、本人の承諾なく、第三者に開示、 提供することはしない。
なお、修了者は大阪府の管理する修了者名簿に記載される。
18.研修修了の認定方法 全日程出席者を修了者とみなし、修了証明書を交付する。
19.補講の方法及び取扱い 補講の上限は2科目とし、開校日より2ヶ月以内に修了すること。
(1)別クラスの同一科目を受講する。または(2)個別に同一科目の授業を設定し
受講する。のいずれかの方法で受講する。
但し、(1)の場合、3,000円/時の補講代を要する。
20.科目免除の取扱い 大阪府移動支援従事者養成研修事業実施要綱の養成研修科目免除一覧の通り
21.受講中に事故についての対応 当社加入の損害賠償保険による対応
22.研修責任者、
所属名及び役職
氏名:辻井道彦
所属:株式会社プロスパー
役職:代表取締役
23.課程編成責任者名、
所属名及び役職
氏名:羽田英司
所属:株式会社プロスパー
役職:部長
24.苦情相談担当者名、所属名、
役職及び連絡先
所属:株式会社プロスパー
役職:部長
連絡先:06−7174−5148
25.研修事務担当者名、
所属名及び連絡先
氏名:羽田英司
所属:株式会社プロスパー
連絡先:06−7174−5148
26.情報開示責任者名、
所属名、役職及び連絡先
氏名:羽田英司h
所属:株式会社プロスパー
役職:部長
連絡先:06−7174−5148
27.修了証明書を亡失・
毀損した場合の取扱い
「養成研修修了証明書の亡失・毀損時の取扱いに関する要綱」に基づき証明書を交付する。(証明書再交付に係る費用500円)
28.その他の必要な事項 欠席について:授業開始20分に時点で出席の確認が取れない場合は欠席とする。
退講処分について:授業の進行を妨害する行為を行ったと判断するときは、退講
処分とする。この場合の受講料の返金は行わない。

以上、大阪府指定別添2−1様式に則り学則の表示とする。
以下、大阪府指定別添2−5実習施設一覧表、大阪府指定別添2−2講師一覧表を掲示する。

 

実習施設一覧表

精神障がい課程 / 実習科目記号(8D) / 実習科目名:コミュニケーション実習(精神障がい)

運営主体(法人名) 施設・事業種別 施設・事業所名 所在地
株式会社プロスパー 障がい者支援施設 就労支援事業所こころ 大阪市東淀川区上新庄3-2-3
株式会社アゲイン 障がい者支援施設 就労支援事業所again 大阪市東淀川区菅原3-1-3-105

講師一覧表

講師氏名 担当科目番号、科目名 資格(取得年月)
略歴(経験年数)
現在の職業(経験年数)
梶谷達也 1.障がい者(児)福祉制度と移動支援事業
2.移動支援従事者の業務
3.移動支援従事者の職業倫理
介護福祉士(26・4・11)
福祉実務経験14年
障害福祉事業所サービス管理責任者(2年)
羽田英司 8.コミュニケーション実習 訪問介護員2級(22・1・16)
福祉実務経験5年
障害福祉事業部長(2年)
小林 繁 4.障がい者の人権 人権擁護士(21・3・30)
人権擁護士、相談員(15年)
大阪府人権擁護士(1年)
大代 朋子 5.障がいの理解(精神障がい)
6.障がい者の心理(精神障がい)
7.移動介助の基礎知識(精神障がい)
相談支援専門員(18.3)
相談支援専門員(11年)
障がい者(児)相談支援(11年)
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP